INTERVIEW社員インタビュー

2016年入社

嶋先 都

カスタマーサービス 担当
馴染み深い会社で、
明るく楽しくレジ接客。
CAREER

入社後、配属されたカスタマーサービス(CS)部門では、まず商品の品出しからスタート。
商品の陳列場所などを覚えることから始め、チーフとの2人制でレジ業務を行う。
3年目の今は、1人でレジ業務を行うほか、サービスカウンターで商品の包装や様々なお客様対応も行う。

私のレジに並ばれる喜びが、やる気に。

Q.仕事で嬉しかったことは?

大阪屋ショップに入社したのは、小さい頃から馴染みのある会社で地元に少しでも貢献できたらと思ったことが大きいです。今、地元客として利用することもある当社で、社員として働いていて嬉しく思うことは、リピーターの方が私の顔を見てからレジの列に並んでくれたときですね。もちろん、初めてのお客様が並ばれた時も、選ばれたような気がして嬉しく思います。水分が出てしまう商品を詰める際にはナイロン袋に入れるなど、小さな気遣いを忘れないように心がけていますが、それに気づいて「ありがとう」と言われた時もやりがいを感じます。

自分の視野を広げることが大切。

Q.学生時代にやっておいたらよかったと思うことは?

お客様に調理方法を聞かれることがあるので、学生時代に料理のレパートリーを広げておけばよかったなと思います。後悔しても始まらないので、今はティラミスやパウンドケーキなどのスイーツ作りに夢中。この経験を生かして、さっそくお客様と情報交換をしています。また、入社してからも必要になりますが、テレビを見ることも大事。おからパウダーの時は放送の翌日からお客様から問い合わせが殺到して、メディアの影響力のすごさを思い知りました。いろいろなところにアンテナを張って情報収集しなければいけないなと思います。

尊敬する人がいる、恵まれた環境。

Q.今後の目標は?

尊敬しているチーフとフレンドさんが、私の目標です。お二人とも明るくて気遣い上手。レジでは、いつもテンポ良く商品の読み上げをされていて、レジ全体の活気を創られています。特にチーフはレジが早いだけでなく、お客様の目線に合わせた対応や言葉遣い、朝から晩まで疲れを見せないところなど、すごいところがいっぱい。仕事中にお話はできませんが、お昼の時間に雑談したり、閉店の作業時に助言をもらったりしています。チーフのようになりたいなと憧れるばかりでなく、私も負けないように取り組んでいきたいです。

新社会人へのメッセージ

1時間あたり45人のお客様を通すのが、レジ業務の目安です。私は入社当初、ビクビクしながらバーコードを通していたので、30〜35人とだいぶん少なかったのですが、3年目の今はもっと早く通せるようになりました。こうやって自分の成長を感じられるのも、この仕事の魅力です。明るく元気に挨拶ができる人、気遣いのできる人が、この仕事に最適だと思います。

自分の成長を感じられるのが
この仕事の魅力!