INTERVIEW
INTERVIEW 人を知る

INTERVIEW 02

精肉部門 チーフ

2017年入社

お客様のことを考えながら
日々楽しく調理加工。

人々の生活に無くてはならない、
「食べること」に直結する会社。

入社のきっかけ・動機は?

幼い頃から大阪屋ショップを利用していて、お店にとても親しみがありました。
卒業後は地元で働き、地元の人たちの暮らしに、自分の仕事が役に立てばとても嬉しいだろうと考えていました。
やはり食べることは、人々の暮らしにおいて無くてはならない行動であり、そのことに直結している会社を選びました。

自分で包丁を使い、
食肉を調理加工出来る楽しさ。

この仕事の魅力は?仕事で成功・失敗したこと、うれしかったことは?

私は料理をするのが大好きです。精肉部門は、お客様が料理を作る材料となる食肉を提供しますので、お客様が料理する姿を思い浮かべながら、自分で包丁を使い食肉を調理加工出来るところが、とても楽しくて好きです。 
お客様から、お店で販売している商品ではなく、お肉のセットを注文いただいた事があり、お客様のご要望を聴いて商品化を行いました。自分でも満足のいく仕上がりになったのですが、お客様にお渡ししたところ、ものすごく喜んでいただけたことが嬉しかった出来事です。失敗についてはたくさんあります(笑)

食べること、料理を作ること、
人を喜ばせることが好きな人。

どんな人がこの仕事に向いている?

食を提案・提供する仕事ですので、まずは食べることが好きな人。また、自分で料理を作るのが好きで、美味しくなる方法を他の人に教えてあげて喜んでもらえたら嬉しい!と思う人が向いていると思います。

新社会人へのメッセージ
この仕事では、お客様へメニュー提案を企画して商品をおすすめする必要があります。ですので、学生時代には自分で様々な食材を使って料理をすることをおすすめします。どの食材を使用してどんな切り方、味付けをすれば美味しく仕上がるのか。このことを理解しておけば、お客様にも自信を持っておすすめ出来ますね。きっとお客様も満足・信頼していただけるのではないかと考えます。